2019/12/16「ICTを活かして、初めから高効率な経営基盤を作る」

9回目の今回は、公認会計士の高敏晴さんに、経理の必要性から、経理業務のパターンやプロセス、そしてクラウドサービスを使って経理業務を効率的に行う方法について教えていただきました。

 

<タイムライン>

17:30 ゴール説明、自己紹介
17:40 レクチャー:経理の全体像を掴む
18:40 休憩
18:45 会計システムfreeeを使い実践
19:45 Q&A
20:00 終了

 

まずはレクチャーから。「経理の基本と効率的な経理のしくみ」と題し、会計とは?決算とは?税務とは?という基礎的なところから入り、それらはどういった業務プロセスでつながるか、またそれらの業務をサポートするのに世の中にはどういったシステムが存在するか、質疑応答も含めながらレクチャーいただきました。

 

その後、会計システムfreeeを用いて、次のケースの経理処理を実際に行ってみました。

・現金による売上
・請求書による売上
・現金による支払
・銀行振込による支払
・給与・社会保険料の計上
・顧客からの入金・取引先への支払い

 

 

受講生からは、次のような感想が挙がりました。

「基礎的な部分だけど、改めて丁寧に確認することができ、とても勉強になった。」

「世の中にはfreeeに限らず会計にまつわるシステムがたくさんあることを知った。自分の事業に合った仕組みが何か確かめて取り入れるようにしたい。」

「何かおかしいとなったときに、どこがおかしいのかわからないと辛いので、今後も引き続き勉強しようと思う。」

 

高さんからは、

「数字を見るのはとても大切なことですが、数字しか見ないのではなく、皆さんが持っている肌感覚と照らし合わせること、そしてそこにギャップがあるのかないのか、確かめるクセをつけておくと良いと思います。そうすることで徐々に、数字を見なくてもある程度事業の状態が掴めるようになってくるはずです。また何かあればいつでも相談してください。」

とのエールをいただきました。

 

実際に手を動かし具体的なシーンを想定しながら、実務面で事業を進めていくベースを得ることができたセッションでした。

fin.